私たちは、すべてのメンバーが神の働き人であること、また、発見し、伸ばして用いる必要はあるかも知れないけれども、そのための賜物はすでにそれぞれに与えられていることを信じています。